TFCC損傷

このようなことでお悩みではありませんか?

手首の痛み、イメージ写真

  • 転倒したときに手を強く打ち、痛みが続く
  • 手首が痛くてテニスの練習ができない
  • フライパンが持ちづらく、料理ができない
  • 手がしびれて、日常生活に支障がでている
  • ペットボトルの蓋を開けるとき、手首が痛む

TFCC損傷とは?

腕を上げる写真TFCCとは、日本語で『三角繊維軟骨複合体』と言います。

この部分は、手首の動きを制御したり、手首の衝撃を吸収するクッションとしての役割を持っています。

TFCC損傷は、転んだ時に手をついたとき、ぶつかる動作のあるスポーツをしたとき、仕事で長時間手首を使ったときなどの衝撃で、手首の小指側にある、靭帯や軟骨に傷がついた状態です。

痛みが長期化となる可能性があり、手首に重だるい感覚があったり、ズキっとする痛みがしたりと、日常生活への影響も考えられます。

また、骨の状態を写すレントゲンでは、軟部組織であるTFCC損傷を、確認することができません。

なかなか手首の痛みが良くならなかったり、良くなったと思っても、また痛みを繰り返す、手首に違和感がずっとあるという方は、お早めに相談されることをお勧めします。

こんな動作をしたとき、手首に痛みはありませんか?

TFCC損傷は、手首に激痛が走ったり、手に力が入らなくなる特徴があります。

たとえば、

  • ドアノブや鍵を開ける時など、手を捻る動作をしたとき
  • 手をついて床から立ち上がるなど、手首に強い負担をかけたとき
  • テニスやバレーボール、チアリーディングなど、スポーツをしているとき
  • パソコンを使う仕事で、キーボード入力をしているとき
  • 買い物袋や、バッグを持っているとき

上記のように、手首は日常的に使わない日がないほど、家事やスポーツなど、普段の生活の中でも酷使する部分です。

正しい手首の使い方をしていないと、無意識のうちに、手首や腕にも負担がかかり、筋肉がうまく機能しなくなってしまいます。

TFCC損傷を回復させるために

腕の施術手首に負担がかかっても痛みがでないように、身体の土台を整える施術を行います。

安静にしていても、筋肉がほぐれることはなく、体の危険信号として痛みが続くだけでなく、よくなったと思っても、すぐに手首の痛みを繰り返すといった、慢性的な状態にもなりかねません。

私たちは、「痛みは結果であり、原因ではない」と考えており、痛みが生じている手首に着目するのではなく、「なぜ、手首に痛みを感じるのか」というところに、重点を置いています。

施術方法、料金について詳しく知りたい方は、以下のページをご覧ください。

小波津式神経筋無痛療法

【手の痛み】原因不明 捻挫後に左手の指2本指が麻痺

【突き指】腫れと痛みで曲らない突き指がすぐに治る|数秒で痛みや症状を改善できる治療!

料金について

初回検査料

初回の方は、初検料2,200円が別途必要となります。

初回検査料 2,200円(税込)
※再検料 1,100円(税込)

※最後に施術を受けた日から、3ヶ月以上経過して来店された場合の再検料です。

通常施術料金

1箇所 11,000円(税込)
2箇所 13,200円(税込)
全身 16,500円(税込)

LINE予約のご案内

動画無料事前診断サービス

友だち登録はこちら