膝痛

このようなことでお悩みではありませんか?

膝痛のイメージ写真

  • 膝の曲げ伸ばしをすると痛みがある
  • 過去に怪我をした膝に違和感がある
  • 半月板損傷と言われ、運動ができない
  • 膝が痛くて階段の昇り降りがつらい
  • 正座をすると膝に痛みが生じる

小波津整体院の施術例

【前十字靭帯】前十字靭帯断裂をしサポーター、テーピング不要。
走れるようになる驚きの施術!

 

【前十字靭帯断裂】ハンドボール選手への施術

【捻挫】足首捻挫をしテーピングで固定され松葉杖で来院。1週間ぶりに歩けるようになった治療!

骨に異常があるから痛みがあるとは限りません

脚を持ちあげる写真膝関節は、太ももと脛の骨、膝の皿(膝蓋骨)で出来ています。

太ももと脛と骨の間には、クッション代わりになる軟骨で覆われ、骨同士がぶつからないような仕組みになっています。

私たちが行っている「歩く」「走る」という何気ない動作が支障なくできるのは、膝を支える筋肉が正しく動いているからです。

この動きが悪くなってしまうと、膝に痛みや違和感がでてしまうのです。

また、膝痛は男性より女性の方が、多くみられる不調です。

女性は男性に比べると、膝を支える筋肉や関節が小さく、もともと膝に負担がかかりやすい作りになっています。

また、O脚やX脚の方も、片方の膝に大きな負担がかかるため、膝に痛みがでやすい状態といえます。

膝痛に年齢はほとんど関係ありません

『「膝の痛み」は40代~60代の方だけがなる』と、いうイメージはありませんか?

確かに、年齢を重ねるにつれて膝に痛みを感じる方が多くおられますが、年齢は関係なく、以下のような方も、当整体院にはお越しいただいています。

  • 立ち仕事が多いサラリーマン
  • 野球やゴルフなどのプロアスリート選手
  • ウォーキングやマラソンをする主婦
  • 部活動(サッカーや野球など)を頑張る学生

膝痛の原因

膝をあげている写真膝の使い過ぎや疲れ、運動中の体の使い方、姿勢の悪さ、過去のケガからくるものなど、原因は様々です。

痛みがなくとも、膝の負担がかかり続けることによって、軟骨がすり減り、膝関節の変形がひどくなると『変形性膝関節症』になるケースもあります。

膝は、日常生活で毎日使う大切な体の一部です。

もし今、膝に違和感がある状態であれば、ひどくなる前に対応することをおすすめします。

また「手術をするしかない」と言われた方も、まずは小波津整体院にご相談ください。

小波津式神経筋無痛療法

半月板損傷の施術例を紹介します

 

料金について

初回検査料

初回の方は、初検料2,200円が別途必要となります。

初回検査料 2,200円(税込)
※再検料 1,100円(税込)

※最後に施術を受けた日から、3ヶ月以上経過して来店された場合の再検料です。

通常施術料金

1箇所 11,000円(税込)
2箇所 13,200円(税込)
全身 16,500円(税込)

LINE予約のご案内

動画無料事前診断サービス

友だち登録はこちら