【指の骨折】高校野球秋季大会前、アクシデントで指の骨折

2020年09月1日

 

こんにちは。兵庫県西宮市の小波津整体院 夙川の玉那覇です。

 

今回は、高校野球秋季大会前に左手中指の骨折をされた17歳の症例を紹介いたします。

 

今回指を痛めたのは、プレー中のアクシデントで指を衝突しその際に指を痛めてしまい、

整形外科に行かれたところ左手の指の骨折を診断され、全治約一カ月でこのままでは高校野球秋季大会での出場が絶望的になってしまうので、

そこをなんとか出場できる状態まで出来ませんか?

とご相談のご連絡をいただきました。

 

この時点で大会まで残り10日でした。

 

 

施術前の症状

・痛みで指を曲げれない
・手に力が入らない
・ボールが取れない
・バットが握れない

※今回の指の骨折で来院いただきましたが、施術に入る前のカウンセリング時に施術をすることにより指が野球をプレーできる状態まで動けるようになり、痛みも大きく改善される可能性はありますが、指の骨折自体が治癒するわけではないことを十分にお伝えし、野球でプレーすることで指にリスクがあることもしっかり理解してもらえた上で今回の症例です。通常は施術をし病院の指示のもと安静にすることをお伝えしております。

 

 

 

初日の施術スタート

 

まずはカウンセリングで細かく症状や衝突した時の状況を細かくお話をお聞きしました。

 

 

全身のバランスをチェックした後に指の動きを確認し、

指のより細かい施術をスタートしていきました。

 

 

(この時点で左手の指は指の第一関節から痛みで曲げることが出来ません)

 

 

(施術中)

 

 

一回目の施術後には、

多少痛みはあるものの指を第一関節から曲げることが出来るようになってきました。

 

 

 

 

そしてバットも握れるようになってきましたが、

この日は軽く握り、軽めでスイングするところまででストップしました。

 

 

本人も当日でバットを握り軽くスイングするまでの事は想像できていなかったみたいで驚かれていました。

 

 

その後の二回目の施術からはさらにスイング強度を上げていきました。

 

 

 

 

 

施術後の症状

・痛みで指を曲げれない → 痛みなく曲げれる
・手に力が入らない → 手にしっかり力が入る
・ボールが取れない → ボールの捕球問題なし
・バットが握れない → フルスイング可能

 

※今回の指の骨折で来院いただきましたが、施術に入る前のカウンセリング時に施術をすることにより指が野球をプレーできる状態まで動けるようになり、痛みも大きく改善される可能性はありますが、指の骨折自体が治癒するわけではないことを十分にお伝えし、野球でプレーすることで指にリスクがあることもしっかり理解してもらえた上で今回の症例です。通常は施術をし病院の指示のもと安静にすることをお伝えしております。

 

 

最終的には段階を経て三回の施術でフルスイングでも問題なく振れる状態まで状態を作ることが出来ました。本人も笑顔になりホッとしたような顔をしていました。

 

 

 

 

今回限られる学生時代の期間の中で目標にしていた大会目前のところで

プレー中のアクシデントで指を骨折してしまいましたが、一緒に協力してもらいながらお伝えしたことをご自身でもしっかり積み重ねたおかげで目標としていた大会にも先発出場で最後まで試合に出場するお手伝いが出来てよかったです。

今後もメンテナンスを含め身体のサポートはお任せください!

 

 

 

 

大阪、西宮、神戸で同じような症状でお悩みの方、

またその他の急に起こった野球肘や捻挫、ギックリ腰のような症状も症状発生から来院されるのが最短で早ければ早いほど、小波津整体院では回復する可能性が早まる可能性も高まります。お悩みの方は一度ご相談だけでも構わないので、ご連絡ください。

当院は LINE にて “動画診断” もしております。
ご希望の方はLINEを登録し、”動画診断希望”でメッセージ下さい。
※写真や文字でも可能です。

 

 

小波津整体院 夙川院
電話
0798-61-1930

LINE
http://nav.cx/s6MjSpL

ご相談等をご希望の方は、お気軽にお電話もしくはLINEのメッセージにてご質問ください。(※施術時間中はお電話をお取りできない可能性もございます。その場合はお名前とお電話番号をお残し下さい。)