【膝の痛み】 両膝半月板損傷 膝の名医から人工関節手術しかないと提案され

2020年03月4日

こんにちは。小波津整体院 夙川院の玉那覇です。

今回の患者さんは両膝半月板損傷の診断を受けられた(65歳 女性)

 

施術前

 

 

両膝半月板損傷の診断により症状がひどいので病院から人工関節を提案されたが、

本人は手術後のリスクと人工関節の寿命(約15~20年)を考えると、まだ自分の膝で私生活は支障がない程度に手術しないで何とか歩けるようになりたいという想いで来院されました。

半月板損傷は出ている状態をそのまま長期間放置していくと、痛みや膝に水が溜まることが慢性化し、接触している周辺の関節軟骨に傷がつき、変形性膝関節症へと進行していくと一般的に言われてます。病院では保存治療でよくならない場合は手術をされます。

 

症状としては万年痛かったがここ一年は症状がひどくなった

東京での膝の名医や治療院に行ったがどこも変化がみられなかった。

 

来院時の施術前の症状

・びっこ(跛行)歩きで、フラフラする
・体重を乗せることができない
・屈伸ができない
・膝だけでなく股関節と足首の動きもよくない

 

 歩けるようになれば、趣味である大好きな旅行にまた行きたい。と目標も語ってくれました。

 そこから施術をスタートし、1日目の施術後はまず足の運びがスムーズになり、補助ありで90度位まで屈伸ができるようになりました。

 

その後の2回、日にちを最短で詰めて来院していただき、本人の実感ありで毎回身体は変化していきました。

 

施術後(三回目)

 

そこから日にちの間隔を開けていき、通院時の歩行や階段での痛みやツッパリは大幅になくなったと本人。

 

通院から約4回目では補助なしでほぼMAXの可動域で屈伸可能になりました。

ここまでの可動域は何十年ぶりだったみたいです。

 

来院時の施術後の症状

・びっこ(跛行)歩きで、フラフラする → 安定してるけるようになる
・体重を乗せることができない → しっかり体重を乗せられるようになる 
・屈伸ができない → 屈伸問題なし(スムーズ)
・膝だけでなく股関節と足首の動きもよくない → 改善され歩行の安定に繋がる

 

施術前後の写真比較

施術前

 

 

施術後

 

その後も定期的に通院され、その翌月には海外に旅行に行き、そこでトイレが和式のようなタイプでしたがそこでも大丈夫でしたと現地でのエピソードも聞かせてくれました!(^^)!

 

今現在は立ち歩きの多い仕事にも出来るようになり、疲労で筋肉に張りが出ることはありますが睡眠を取り翌日には回復しているそうです。

身体の変化とともに、表情や目標が前向きになっていく姿は僕も見ていてすごく嬉しかったです。

 

 

同じような症状でお悩みの方は、まずは一度ご相談でお気軽にご相談ください。

 

当院は同じような症状、またその他の急に起こった症状も症状発生から来院されるのが最短で早ければ早いほど回復する可能性が早まる可能性も高まります。

お悩みの方は一度ご相談だけでも構わないので、ご連絡ください。

 

当院は LINE にて “動画診断” もしております。

ご希望の方はLINEを登録し、”動画診断希望”でメッセージ下さい。

※写真や文字でも可能です。

 

〜炭酸ジェル〜

当院の施術によって身体の良い状態を作り、当院おすすめの下駄や炭酸ジェルを普段の生活でセルフケアとして利用することにより、良い状態をご自身で保っていくことが出来るようになっていくと思います。患者さんご自身の負担の掛かりにくい状態や変化(個人差はあります)をご自身の身をもって感じ、自分でその習慣を作っていくこともすごく大切だと思います。普段の生活の中での習慣は身体に与える影響も大きいです。炭酸ジェルは当院の施術には及びませんが似たような効果が期待できます。プロアスリート、遠方の患者様、次回の予約までのセルフケアで多くの患者様にお使いいただいてます。

 

ご紹介した下駄や炭酸ジェルは当院で販売もしております。
ご興味のある方はご連絡ください。

 

お困りや相談等ございましたら、
まずは一度お電話、もしくはLINEにてお気軽にご相談ください。

小波津整体院 夙川院

電話
0798-61-1930

LINE
http://nav.cx/s6MjSpL

ご相談等をご希望の方は、お気軽にお電話もしくはLINEのメッセージにてご質問ください。(※施術時間中はお電話をお取りできない可能性もございます。その場合はお名前とお電話番号をお残し下さい。)